FC2ブログ

くものうえの別宅




しんどい :: 2019/07/06(Sat)

今週は仕事が忙しかったのと、季節的・時期的体調不良で体がへとへとです…。
やっとたどり着いた土曜日ですが、いろいろ用事をこなしていたら余計疲れてしまったorz
頭はシクシク痛むし、心臓はチクチク痛むし、体はとにかく重だるい…。こんなに過ごし辛い梅雨は初めてだなあ。
家の中の湿度は相変わらず高いし(60~70%)、早く外で布団干したい。

  1. よれよれの日々
  2. | trackback:0
ふんだりけったり :: 2019/02/14(Thu)

今日は、推しの生存がなさそうな(可能性の高い)公式動画を目にしてショックを受け、コンサートのチケットはご用意できず、直属上司の機嫌がめっさ悪く、提出した報告書はボコボコに修正が入り、生理は重く、予想外に出費の多い一日でした。疲れた…orz

上司は今日に限らず、今週ずっと機嫌が悪そうなんだけど何なんだろう。
私に向けられた言葉ではないけど、「社員ならできて当たり前」、「できない奴の気がしれない」的な物言いをするのは好きじゃないな…。みんな同じレベルにいるわけじゃないし。
上司は悪い人じゃないけど、分かり合えることはないんだろうなと思います。

さて、明日はサイコパス劇場版case2の舞台挨拶つき上映を観に行ってきます。定時と同時に会社を出る所存。
これを楽しみに、明日は頑張って報告書を修正しよう…。

  1. よれよれの日々
  2. | trackback:0
あああ :: 2018/10/22(Mon)

今日は大事な会議で大失敗してしまって、立ち直れないまま今に至ります…。
自分が主担当でやっていた仕事なのに間違った説明をしてしまって、恥ずかしいやら情けないやら。穴があったら入りたい…。
最近、以前だったら確実に気づくような書類の誤字を見落としたり、資料の大事な記載を読み飛ばすこともあり、何だか衰えを感じます。集中力と正確性には少し自信があったんだけどなあ。
誕生日を前に、なんだか非常にガックリした一日でした。

とはいえ、ここしばらくで多少頑張ったこともありました。
自炊はだいぶ慣れました。つくれるのは具だくさんの味噌汁と、似たり寄ったりの炒め物だけですが(笑)
掃除や洗濯もサボらず、決めたサイクルでやってます。
あと、つい最近、挑戦を始めたものもあって、こっちは続けられる見込みが立てば報告します。
できることが少しずつ増えて、かつ、今までできたことをうまく維持していけると良いのですけれど。

明日は私の誕生日で、一年が経つのはあっという間ですね。10月ももう終わりかけだし。
明日からの一年も、無事、楽しく健やかに、平穏な気持ちで過ごせますように。

  1. よれよれの日々
  2. | trackback:0
つらみ :: 2018/10/15(Mon)

一晩経って鼻水もくしゃみも良くならず、仕事にも食事にも支障が出ていたので(鼻がずるずるして物が食べにくい…)、会社帰りに耳鼻科に行ってきました。病院の記録によると6年ぶりだったらしい。
やはり鼻の中がかなり荒れている状態だったようで、器具を突っ込まれ、溜まっている何かを吸い取られ、薬を吹きつけられ、とさまざまな責苦、いや治療を受けました。マジで痛かった…。
鼻にグッと突っ込まれるのは本当に、泣きたくなるくらい痛いですね。実際に涙がボロボロ出ました。

私の鼻は、今回たまたまというわけでなく常時荒れているようで、先生からは「普段、鼻詰まってない?」「顔腫れたりしてない?」と繰り返し心配されました。普段はそんなことないんだけど(アレルギー性鼻炎ではあるけど)、医者から見てそんなにひどい状態なのかと、ちょっとショックでしたorz
ちなみに、肌のかゆみ止めのために常時飲んでいる薬(ザイザル)が、鼻づまりを緩和してくれているようです。
まあ、引き続き通えとは言われてないので、なるべく気にしないようにしよう…。

薬を飲んで、いまは少し落ち着いてます。まだ鼻がグスグスしますが、日中より全然マシです。
これからは、大掃除するときは必ずマスクを着用します…。
月曜から疲れたなあ。早く週末になって欲しい。

  1. よれよれの日々
  2. | trackback:0
疲労困憊 :: 2018/09/07(Fri)

今日は大腸の内視鏡検査を受けてきました。
10時から2時間超かけて腸管洗浄液を2リットル+α飲み、しばらく休憩した後に検査開始、会計が終わったのが15時過ぎ。本当に一日がかりでした。

検査自体は30分強で終わります。私は小さいポリープを切除したため少し時間がかかりましたが、何事もない人はもっと早く終わるようです。
検査してくれた先生が上手だったためか、検査はあまり苦痛ではありませんでした。お腹が少し圧迫されて苦しい時が何度かありましたが、耐えられないほどの苦痛ではなかったです。
口から胃カメラを入れるのに比べれば、私は全然ラクでした。お尻も麻酔のおかげかスムーズに入ってくれたし。

一番キツかったのは、腸管洗浄液2リットルを飲んでるときかな…。一気にガーッと飲むのではなくて、目安になるペースに従って少しずつ飲んでいくのですが、後半はやっぱり飲むのがしんどくなる(液がマズイわけではないんですが、お腹パンパンで飲む気がしない)。
飲んでいる間はじっとしているわけではなく、軽い運動(廊下を歩いたりジャンプしたり腰をひねったり)をします。今日は人生で一番ジャンプをした日でした(笑)。
ちなみに、私が行った病院では、同じ検査を受ける人数名が同じスペース(大腸検査のための待機場所)に集められ、検査のための準備をしてました。話をしたわけではないですが、同じ苦痛を味わっていると思うと少し連帯感を感じる…。

液を飲み始めてからは、排便の時間・便の状態をすべて記録します。液をすべて飲み終えた後の便を看護師さんに見てもらって、腸がきれいになったかどうかをジャッジしてもらいます。
汚い話ですが、腸がきれいになると、便の代わりにレモン色の液体が出てくるようになります。レモン色になるまで私は4回看護師さんに見てもらいました(トータルで15回ぐらいトイレに行ってる)。確認する看護師さんも大変だなと思いました…。

辛い検査でしたが、先生・看護師さんを含め病院のスタッフの人たちの応対が優しく、とても感じが良い病院でした。
あと、体の負担がそれなりに大きかったせいか、帰る途中で貧血を起こし、途中の駅で倒れてしまったのですが、その場にいた人たちがサポートしてくれ、少し休んで家に帰ることができました。ベンチで休ませてくれた女性たちや、駅員さんを呼んでくれた男性、駅の事務室に運んでくれた駅員さんにただただ感謝です。
人の優しさに触れることができた一日でした。

だが、大腸検査はもう当分受けたくヌェー。

  1. よれよれの日々
  2. | trackback:0
次のページ